小金井市ホームページはこちら

シルバー人材センターとは

小金井市シルバー人材センターは、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づき、 国、東京都、小金井市からの支援を受けて運営されている「公益社団法人」です。
企業や家庭、公共団体などからさまざまな仕事を引き受けて、地域の経験豊かな高齢者の 方々に仕事を提供する媒体であり、働くことを通じて高齢者の生きがいと健康づくりをすすめ活力ある地域社会づくりに貢献しています。
古い民家を改造した小さな建物なのですが、事業実績は年間5億円近くになり、1100名を超える会員が、活き活きと就業を通じて生き甲斐を得ながら地域社会に貢献し、市民の皆さんから信頼をいただいています。
仕事は植木剪定、除草、清掃、家事援助、子育て支援などが多く、市からは駐輪場、集会施設などの管理業務を受託しています。また、英会話・囲碁教室や小中学生の学習教室、リサイクル事業も実施し市民の皆さんから好評をいただいています。
現在、都内では58区市町村に設置されています。

シルバー人材の基本理念

○会員による自主的・主体的な運営

シルバー人材センターは、会員による自主的・主体的な運営を理念としています。

○共働・共助のもとで働く

会員のひとり一人が豊かな経験と知識をいかし、お互い協力し合いながら仕事を開拓し、働くことを理念としています。

シルバー人材センターの仕組み

  • ご依頼の仕事は、シルバー人材センターが責任をもって請け負います。
  • シルバー人材センターは、登録されている会員に仕事を提供します。
  • シルバー人材センターは、会員には、仕事の実績に応じて報酬を「配分金」として支払います。

ここに注目!

  • シルバー人材センターで扱う仕事は、臨時的・短期的な仕事が 中心ですが、特に資格や知識・専門的技術などが求められる仕事についてはこの限りではありません。
  • シルバー人材センターでは、毎月いくら支払うというように、収入は保障していません。
  • シルバー人材センターと会員、会員と依頼者との間には雇用関係はありません。
  • 雇用関係ではないので、仕事をする会員については労災保険の対象にはなりません。仕事中や仕事先への往復のときに事故があった場合は、独自のシルバー保険( 傷 害・損害賠償) で対応することになります。